山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県知事選 立候補予定者が熱弁 政見放送収録スタート

政見放送の収録に臨む立候補予定者=RSK山陽放送(画像の一部を加工しています)
政見放送の収録に臨む立候補予定者=RSK山陽放送(画像の一部を加工しています)
 岡山県知事選(10月8日告示、同25日投開票)を前に、公職選挙法に基づく政見放送の収録が28日、岡山市内の放送局で始まり、立候補予定者がテレビカメラに向かって政策を訴えた。

 この日は、立候補予定者1人が午前10時からRSK山陽放送(同市北区丸の内)で収録した。持ち時間は5分30秒で、手話通訳者と一緒にリハーサルで時間配分を確認した後、本番に臨んだ。

 政見放送は選挙期間中、候補者1人につきテレビで計5回(NHK2回、RSK、テレビせとうち、岡山放送各1回)、ラジオで計3回(NHK2回、RSK1回)流される。放送の冒頭、候補者の経歴が30秒以内で紹介される。

 放送の日時や順番は立候補届け出の締め切り後にくじで決まる。

(2020年09月28日 12時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ