山陽新聞デジタル|さんデジ

最高裁判事に保守派女性指名 米大統領、再選にらみ支持固め

 26日、米ホワイトハウスで、トランプ大統領(左)による指名発表を受けて発言するエイミー・バレット連邦高裁判事(AP=共同)
 26日、米ホワイトハウスで、トランプ大統領(左)による指名発表を受けて発言するエイミー・バレット連邦高裁判事(AP=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、今月死去した最高裁のリベラル派判事ギンズバーグ氏の後任に保守派の女性エイミー・バレット連邦高裁判事(48)を指名すると発表した。最高裁判断は銃規制や人工妊娠中絶など米社会を二分する問題を左右するため、保守派指名で11月の大統領選へ支持固めを図る。与党共和党が過半数の上院で承認される見込み。

 最高裁判事は9人で構成され終身制。トランプ氏はこれまで保守派2人を送り込み1期目の実績として誇示してきた。バレット氏が就任すれば保守派6人、リベラル派3人で保守色がさらに強まる。野党民主党は猛反発している。

(2020年09月27日 09時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ