山陽新聞デジタル|さんデジ

ビニール“個室”で歌の練習 岡山市ジュニア合唱教室

ビニールシートで仕切られた“個室”で、練習に励む子どもら
ビニールシートで仕切られた“個室”で、練習に励む子どもら
 岡山市内の幼稚園児~大学生の計95人が通う「岡山市ジュニア合唱教室」の練習会場となる岡山中央小(同市北区弓之町)には、ビニールシートで仕切られた“個室”が並ぶ。

 高さ約2メートルのシートが、受講生の前と両横を覆う構造。新型コロナウイルスの影響で3月から中止していた練習を夏に再開するに当たり、運営する公益財団法人・岡山文化芸術創造(同市)の職員がスーパーのレジの感染防止策を参考に、簡単に組み立てできるタイプを考案した。

 マスクを着用して思う存分に歌う受講生に、同財団は「少しでも安心につながればと手作りした。合唱グループをはじめ他団体の参考になれば」。

(2020年09月24日 19時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ