山陽新聞デジタル|さんデジ

筒香所属のレイズが首位キープ ダルのカブスも、大リーグ

 オリオールズ戦の一回、見逃し三振に倒れベンチに戻るレイズの筒香=20日、ボルティモア(ゲッティ=共同)
 オリオールズ戦の一回、見逃し三振に倒れベンチに戻るレイズの筒香=20日、ボルティモア(ゲッティ=共同)
 【ニューヨーク共同】米大リーグは20日、第9週を終了し、ア・リーグは東地区で筒香が所属するレイズが35勝19敗で首位を守った。田中のヤンキースが3・5ゲーム差の2位で、両軍はプレーオフ進出が確定。山口のブルージェイズは首位から7・5ゲーム差の3位に後退した。

 中地区は前田のツインズが33勝22敗で首位ホワイトソックスと2ゲーム差で依然2位。2チームともプレーオフには進んでいる。西地区は菊池、平野のマリナーズが首位アスレチックスと10ゲーム差の3位。大谷のエンゼルスは4位。

 ナは中地区でダルビッシュのカブスが31勝22敗で首位をキープした。

(2020年09月21日 15時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ