山陽新聞デジタル|さんデジ

イタリア、議員削減で国民投票 21日まで、可決の公算大

 投票する尼僧=ローマ(ロイター=共同)
 投票する尼僧=ローマ(ロイター=共同)
 【ローマ共同】イタリアで20日、国会議員削減に関する国民投票が始まった。21日に締め切り即日開票する。地元メディアによると賛成多数で認められる公算が大きい。可決されれば、次回総選挙から新たな定数が適用される。前回総選挙は2018年に行われており、上下院とも23年に5年の任期が満了する。

 同国では、既存政党が腐敗していると批判し支持を広げた政治組織「五つ星運動」が18年に与党となり、国会のスリム化の必要性を訴えてきた。

 削減案では、下院の定数630議席を400に減らし、上院の選挙で選ばれる315議席を200に減らす。

(2020年09月20日 17時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ