山陽新聞デジタル|さんデジ

オラクルがTikTok利用者情報に責任

 【ワシントン共同】米財務省は19日、ティックトックの米国事業再編交渉を巡り、米オラクルが利用者情報の保護に責任を持つことになったと発表した。交渉決着には対米外国投資委員会(CFIUS)の承認が必要とした。

(2020年09月20日 08時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ