山陽新聞デジタル|さんデジ

全米オープン、松山は5打差4位 第3日、石川40位に浮上

 全米ゴルフ第3日、17番でラフからショットを放つ松山英樹=19日、ママロネック(AP=共同)
 全米ゴルフ第3日、17番でラフからショットを放つ松山英樹=19日、ママロネック(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権第3日は19日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で行われ、首位と4打差の7位から出た松山英樹は6バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算イーブンパーの210で5打差の4位となった。

 7位から65と伸ばしたマシュー・ウルフ(米国)が通算5アンダーでトップ。2打差でブライソン・デシャンボー(米国)、さらに2打差でルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)が続いた。

 74で回った石川遼は通算10オーバーで49位から40位に浮上した。

(2020年09月20日 08時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ