山陽新聞デジタル|さんデジ

堂安がドイツ1部デビュー 長谷部らと対戦、ドロー

 前半、競り合うビーレフェルトの堂安(左)とEフランクフルトの長谷部=フランクフルト(共同)
 前半、競り合うビーレフェルトの堂安(左)とEフランクフルトの長谷部=フランクフルト(共同)
 【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは19日、各地で開幕節の試合が行われ、ビーレフェルトに加入した堂安律が先発デビューした。長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルト戦で後半27分までプレーし、1―1で引き分けた。長谷部はフル出場し、鎌田は後半43分で退いた。

 昨季2部から昇格したシュツットガルトの遠藤航は2―3で敗れた本拠地でのフライブルク戦にフル出場し、1部で初出場を果たした。ブレーメンの大迫勇也は本拠地のヘルタ戦で前半のみ出場し、チームは1―4で敗れた。

(2020年09月20日 00時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ