山陽新聞デジタル|さんデジ

関西みらい銀行、偽造書類で融資 住宅ローン251億円

 記者会見する関西みらいフィナンシャルグループの菅哲哉社長(中央)ら=18日午後、大阪市
 記者会見する関西みらいフィナンシャルグループの菅哲哉社長(中央)ら=18日午後、大阪市
 関西みらい銀行は18日、和歌山支店の一部行員が取引先の住宅販売会社の持ち込んだ住宅ローンの審査書類の偽造を知りながら融資を続けていたと発表した。2005年2月から19年10月までの間で、融資額は計251億円に上る可能性がある。住宅ローンの利用者に被害は生じていないとしている。

 住宅販売会社は住宅ローンを通りやすくするため顧客の勤務先を偽った資料や、収入を上乗せした書類などを持ち込んだ。一部の住宅ローン利用者は虚偽記載を認識していた。

 関西みらい銀は行員1人を8月末に懲戒解雇した。住宅販売会社に対する民事と刑事の法的措置を検討する。

(2020年09月18日 19時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ