山陽新聞デジタル|さんデジ

瀬戸内・牛窓の「唐子踊」中止 コロナ影響、朝鮮通信使行列も

異国情緒漂う「唐子踊」を披露する新旧の踊り子=2019年10月27日
異国情緒漂う「唐子踊」を披露する新旧の踊り子=2019年10月27日
 江戸時代に朝鮮通信使が寄港した瀬戸内市牛窓町牛窓で予定されていた「唐子踊(からこおどり)」(岡山重要無形民俗文化財)の奉納と、「朝鮮通信使行列」が今秋は中止されることが、17日までに決まった。新型コロナウイルスの感染防止のため。

 唐子踊は10月25日に疫(やく)神社などで踊り子の男児2人が異国情緒漂う舞を披露し、朝鮮通信使行列は11月1日に華やかな衣装の日韓約200人が市立美術館から国史跡・本蓮寺まで約2キロを歩く予定だった。通信使行列がメイン行事の瀬戸内牛窓国際交流フェスタ(同日)も中止となる。

(2020年09月17日 20時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ