山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナウイルス対策で世界か…

 新型コロナウイルス対策で世界から注目を集めた人がいる。台湾のデジタル担当大臣、唐鳳(オードリー・タン)さん(39)。薬局の場所とマスクの在庫が分かるシステムをわずか3日で開発し、マスク不足を解消した▼蔡英文総統に請われ、4年前に民間から史上最年少で入閣した。幼少から独学でプログラミングを始め、米アップルの顧問などとして活躍した。心と体の性が一致しないトランスジェンダーを公表した初の閣僚でもある▼女性総統とともに多様な人材が活躍する台湾を体現する存在だ。日本メディアの取材にも積極的に応じ、語られる言葉は示唆に富む▼インターネットを使えば多くの人が瞬時につながり、問題を解決できる。政府が信頼されていれば人々は協力する。重要なのは情報を公開し、透明性を高めることだ、と▼そんな台湾から学ぶべきことは多そうだ。船出した菅政権の顔ぶれを見ると女性閣僚は2人にとどまり、民間人の登用もない。多様な人材とは言いがたい日本の現状だが、経済の再生やデジタル化の推進などは急務だ▼タンさんの言葉をもう一つ、紹介したい。デジタル化で高齢者が置き去りにされないかとの質問に答えた。「若い世代の私たちがやらなければいけないのは、彼らに技術に従ってくれとお願いすることでなく、彼らに使いやすくすることだ」

(2020年09月17日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ