山陽新聞デジタル|さんデジ

日立、英の原発新設計画から撤退 採算改善見込めず、コロナも影響

 日立製作所本社が入るビル
 日立製作所本社が入るビル
 日立製作所は16日、英国の原発新設計画から撤退すると発表した。英政府の支援拡大を求めていたが調整が難航し、採算改善が見込めないとして、昨年1月にプロジェクトを凍結していた。その後の交渉でも将来の事業リスクを払拭できず、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで投資環境が厳しくなっていることなども踏まえ、計画撤退を最終判断した。

 同日の取締役会で決定した。英政府にも報告済みという。2012年に現地の事業会社を買収して以降、官民一体で計画を推し進めたが結実せず、日本政府が成長戦略の柱と位置付けてきたインフラ輸出は大きくつまずいた形だ。

(2020年09月16日 19時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ