山陽新聞デジタル|さんデジ

院外にコロナ診察室開設へ 勝央町、地元3医院と連携

仮設診察室を設置する勝央図書館(右)の駐車場
仮設診察室を設置する勝央図書館(右)の駐車場
 岡山県勝央町は、町内の3医院と連携し、新型コロナウイルス感染が疑われる患者専用の仮設診察室を院外に開設する。一般の患者との接触を避ける目的で、11月開所予定。11日の9月定例町議会で関連経費1470万円を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を可決した。

 勝央図書館(同町勝間田)東隣の駐車場約千平方メートルのスペースに、コンテナハウスの診察室2棟を設ける。発熱症状などがある患者が事前に医院に相談し、医師や看護師が時間を決めて出向いて診察する。新型コロナが疑われる場合は保健所などに連絡する。

 新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、ハウス内には、ウイルスが患者周辺から漏れないように気圧を低くする陰圧装置やアクリル板などを設置する。

(2020年09月11日 21時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ