山陽新聞デジタル|さんデジ

米粉のハニーブレッド人気 矢掛の専門店、地元産米を使用

矢掛町産の米粉を使った「米粉ハニーブレッド」
矢掛町産の米粉を使った「米粉ハニーブレッド」
 岡山県矢掛町矢掛の米粉パン専門店「Boulangerie MaiMai(ブランジェリー マイマイ)」が販売している同町産米を使った「米粉ハニーブレッド」が人気を集めている。

 地産地消に貢献しようと、すべてのパンに矢掛産の米粉を使用。ハニーブレッドは、小麦粉と町内産ヒノヒカリの米粉を約50%ずつ使い、固形の蜂蜜を生地に混ぜて焼き上げている。もちもちとした食感に加え、程よい甘さが楽しめる。1本(765グラム)460円、ハーフサイズ(5枚切り)は230円。

 「米粉はさまざまな食材に合い、おいしく食べられる」と久保田真理店長(45)。ベーコンエッグ、トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼなどとの組み合わせがお薦めという。

 営業時間は午前10時~午後5時。火、水、木曜定休。問い合わせは同店(0866ー63ー4600)。

(2020年09月11日 11時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ