山陽新聞デジタル|さんデジ

「岡山プリン」新たに2種 美作農園、白桃とプレーン商品化

美作農園が改名して販売する「岡山プリン」
美作農園が改名して販売する「岡山プリン」
 観光農園の美作農園(美作市奥)は、岡山県内産果物のゼリーを乗せたオリジナルプリンを「湯郷美人」から「岡山プリン」に改名し、新たに白桃と、果物の入っていないプレーンの2種類を商品化した。

 果物入りは従来のイチゴ、ブドウと合わせて3種類となる。ゼリーとプリンの2層仕立てで、ゼリーは果肉をより楽しんでもらうため、下層から上層に移した。プレーンは、美作市産卵と真庭市産ジャージー牛乳を使用したプリンそのもののおいしさを味わってもらうため用意した。

 価格は果物入りが410円、プレーンは389円。4種類から選ぶ3個セット(1080円)は22日まで1日20セット限定で、美作農園と直営店「農園カフェ湯郷」(美作市湯郷)で販売している。

 直営店の笠原真由子店長(27)は「果肉たっぷりのゼリーと滑らかなプリンのハーモニーを味わってほしい」と話している。

 問い合わせは同社(0868ー74ー3887)。

(2020年09月11日 11時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ