山陽新聞デジタル|さんデジ

道の駅名称「山陽道やかげ宿」に 水戸岡鋭治さん監修の駅舎図も公表

水戸岡鋭治さんがデザインした道の駅「山陽道やかげ宿」の外観イメージ図
水戸岡鋭治さんがデザインした道の駅「山陽道やかげ宿」の外観イメージ図
 岡山県矢掛町中心部で来年3月にオープン予定の道の駅の名称が、「山陽道やかげ宿」に決まった。一般公募で全国から寄せられた725件の中から、秋田県にかほ市の佐藤恭一さん(68)の案が採用された。

 町によると、名称は6月中旬から約1カ月間にわたり募集。書類審査による1次審査の後、町内の商工団体代表者らでつくる選考委員会で審査し、決定した。佐藤さんは「山陽道の宿場町として栄えた矢掛宿を駅名とした」としている。

 山野通彦町長が2日の定例町議会で「多くの人に親しまれ、愛され、観光客を迎えるのにふさわしい名称となった」と報告した。岡山市出身の工業デザイナー水戸岡鋭治さんが監修した駅舎の最終イメージ図も公表した。

 道の駅は町と県が、同町矢掛の国道486号沿いに整備する。利用者を隣接の矢掛商店街へ誘導しようと、飲食、物産コーナーを設けない全国的にも珍しい構想を採用。国土交通省が7月に新たな道の駅として登録している。

(2020年09月06日 16時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ