山陽新聞デジタル|さんデジ

日生の飲食、宿泊業応援 クーポン返礼品 備前観光協がCF

備前観光協会が専用サイトに掲載中の画像。CFではプレミアム付きクーポンを返礼品にしている
備前観光協会が専用サイトに掲載中の画像。CFではプレミアム付きクーポンを返礼品にしている
 備前観光協会(備前市日生町)は、新型コロナウイルス問題で打撃を受けた同町内の飲食、宿泊業者などをサポートしてもらおうと、お得なクーポン「#ひなサポ」を返礼品にしたクラウドファンディング(CF)を実施している。30日まで。

 3千円、5千円、1万円、3万円の4区分から支援額を選び、プレミアムとして2割をクーポンに上乗せする。1万円、3万円では、支援金と同額のクーポンとご当地グルメ・カキオコの食事券のセットも選べる。

 支援時に決めた日生町内の店(対象24)で、11月~来年3月末に使う。

 CFは山陽新聞社や中国銀行などの「晴れ!フレ!岡山」のサービスを利用。目標額は50万円で、店舗の支援に充てる。プレミアムの2割分は、備前観光協会などが捻出する。

 日生町は、瀬戸内海の景観と新鮮な魚介類が自慢のレジャースポットで知られる。新型コロナ問題で観光客数が落ち込んでおり、8月の場合、例年約3万人が訪れるが今年は数百人という。

 備前観光協会は「苦境の日生が活気を取り戻せるよう、どうか力を貸してほしい」としている。

 詳細、支援は専用サイト(https://readyfor.jp/projects/hinasapo)。

(2020年09月04日 18時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ