山陽新聞デジタル|さんデジ

ミスト扇風機で涼しく 24日連続猛暑日の高梁市役所

高梁市役所に設置されたミスト噴霧機能付きの扇風機
高梁市役所に設置されたミスト噴霧機能付きの扇風機
 高梁市内は1日も高気圧に覆われて晴れ、最高気温37・0度を観測。8月9日から続く猛暑日(35度以上)はこれで24日連続となり、31日に更新した国内観測史上1位の記録をさらに塗り替えた。市役所本庁舎には、来庁者や市民に涼を感じてもらおうと、ミストの噴霧機能付き扇風機が設置された。

 扇風機が送り出す涼風とともに細かなミストを周囲に噴霧する仕組み。市が南北の正面玄関とまちかどテラスの計3カ所に、2日までの期間限定で据えた。

 扇風機の前では市民がミストに手をかざして涼む姿が見られた。市が31日、まちかどテラスに設置したボードと幕末の儒学者・山田方谷のPRキャラクター「ほうこくん」をあしらった看板には、この日の最高気温とともに「熱中症にご注意!」とのメッセージも表示している。

 市秘書広報課は「熱中症に気をつけながら、日本一長くて暑い夏を乗り切ってほしい」としている。

(2020年09月01日 18時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ