山陽新聞デジタル|さんデジ

3チームが熱戦制し県大会切符 県ユースサッカー美作予選最終日

C組決勝で熱戦を繰り広げるJフィールド津山(緑のユニホーム)と久世中の選手
C組決勝で熱戦を繰り広げるJフィールド津山(緑のユニホーム)と久世中の選手
 2020山陽新聞カップ第29回岡山県ユース(U―15)サッカー選手権大会(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の美作地区予選最終日は29日、美作市入田の美作ラグビーサッカー場でA~C組の決勝が行われた。A組はヴィパルテ、B組はJフィールド津山アスピランチ、C組はJフィールド津山が制し、県大会(9月19~21日・岡山市の神崎山公園陸上競技場ほか)の出場を決めた。

 ヴィパルテは前半から得点を重ね、津山西中に10―2で勝った。Jフィールド津山アスピランチは後半に1点を挙げ、1―0で鏡野中との接戦を制した。Jフィールド津山は攻守に久世中を圧倒し、13―0で2年連続の県大会切符を獲得した。

 県大会は美作、備前、備中の各地区予選を突破した計16チームが出場。トーナメントで争う。

(2020年08月31日 17時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ