山陽新聞デジタル|さんデジ

桃鉄とタッグ 岡山市が観光振興へ 10月からオリジナルゲーム展開

「桃太郎電鉄」を使ったオリジナルゲームのイメージイラスト
「桃太郎電鉄」を使ったオリジナルゲームのイメージイラスト
 岡山市は25日、人気ゲーム「桃太郎電鉄」と連携したシティープロモーション事業を10月上旬に開始すると発表した。特設サイトで“桃鉄”のオリジナルゲームを展開。遊びながら日本遺産の「桃太郎伝説」に触れてもらい、イメージアップや観光振興につなげる。

 「桃太郎ランドからのナゾの招待状!の巻」と銘打って実施する。パズルやクイズを組み合わせた謎解き形式で、パソコンやスマートフォンから楽しめる。「桃太郎社長」「キングボンビー」といった主要キャラクターが登場。桃太郎伝説のストーリーや構成文化財の吉備津神社(同市北区吉備津)、造山古墳(同新庄下)に関する知識を深めることができる。

 大森雅夫市長は記者会見で「新型コロナ禍でも老若男女問わず参加できる。市の認知度や好感度のアップにつなげたい」と述べた。

 桃鉄は、すごろく形式で全国を巡り不動産などを買って資産を増やすゲーム。1988年に1作目が発表され、今年11月に新作が登場する予定。シリーズでは、ゲームを有利に進めることができる物件「桃太郎ランド」が岡山に登場し、シンボル的な存在となっている。

(2020年08月25日 12時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ