山陽新聞デジタル|さんデジ

津山西、鏡野など決勝へ 県ユースサッカー美作予選

B組準決勝で熱戦を繰り広げる鏡野中(白のユニホーム)と美作中の選手=勝央町平、勝央中
B組準決勝で熱戦を繰り広げる鏡野中(白のユニホーム)と美作中の選手=勝央町平、勝央中
 2020山陽新聞カップ第29回岡山県ユース(U―15)サッカー選手権大会(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の美作地区予選の第1、2日が、22、23日、美作ラグビーサッカー場(美作市入田)と勝央中(勝央町平)で開かれた。A組は津山西中とヴィパルテ、B組は鏡野中とJフィールド津山アスピランチ、C組はJフィールド津山と久世中がそれぞれ決勝に駒を進めた。

 中学校とクラブの計21チームが3組(各7チーム)に分かれ、トーナメントで対戦。選手たちは県大会出場を目指し、体を張った守備でボールを奪ったり、巧みなドリブルで敵陣に切り込んでゴールに迫ったりと熱戦を展開した。

 代表3枠を争う決勝は29日、美作ラグビーサッカー場でA、C組が午前9時、B組が正午にキックオフの予定。各試合の勝者が県大会(9月19~21日・岡山市の神崎山公園陸上競技場ほか)に出場する。

(2020年08月24日 18時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ