山陽新聞デジタル|さんデジ

湯郷ベル「岡山ダービー」制す シャルムに2―0、チャレンジL

 サッカー女子・チャレンジリーグ第1節最終日は23日、美作市の美作ラグビーサッカー場などであった。西地区(6チーム)の岡山湯郷ベルと吉備国大シャルムは今季開幕戦となる「岡山ダービー」に臨み、ホームの湯郷ベルが2―0でシャルムを破り、白星スタートを切った。

 湯郷ベルは前半44分、FW尾川のゴールで先制すると、後半42分にも尾川がPKを決めて突き放した。シャルムは最後までゴールを割れなかった。

 東地区6チームと合わせ計12チームが参戦するチャレンジリーグは、新型コロナウイルスの影響で当初の予定から約5カ月遅れて22日に開幕。各地区2回戦総当たりで争い、なでしこリーグ2部への昇格や地域リーグへの降格はない。第1、2節は無観客試合で、この日の岡山ダービーは報道陣にも非公開で実施された。

 次節の30日、湯郷ベルは美作ラグビーサッカー場でスペランツァ大阪高槻、シャルムは高梁市の神原スポーツ公園でアンジュヴィオレ広島を迎え撃つ。

(2020年08月23日 19時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ