山陽新聞デジタル|さんデジ

【レッツ!オンライン】セレクトショップ 実店舗感覚で接客

スマホで衣料品を映し、画面の先の客に応対する関さん
スマホで衣料品を映し、画面の先の客に応対する関さん
利用者側は店内にいる感覚で買い物を楽しめる
利用者側は店内にいる感覚で買い物を楽しめる
 画面で洋服を選んで購入するインターネット通販とは異なり、店員とリアルタイムでやりとりしながら買い物を楽しめるサービスがある。

 岡山市北区大元上町のセレクトショップ「クレヨンバリュー」がビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って行っている「オンライン接客」。新型コロナウイルスを警戒して外出を控えている人に、実店舗に近い感覚で買い物してもらおうと4月から取り組んでいる。

 利用者はLINE(ライン)などで事前予約して“入店”する。オーナーの関泰之さん(51)に「新しい夏物が欲しい」「夫へのプレゼントを探している」などと尋ねると、Tシャツやパンツなど計2千点超の豊富なアイテムからお薦めの商品をピックアップ。スマートフォンで映して画面に表示してくれる。商品はクレジットカードか現金振り込みで購入し、郵送で受け取る。これまで約20組の利用があったという。

 「短パンに合わせてもおしゃれですよ」。今月11日、パーカやチェックシャツを取り出した関さんは、“来店”した常連客の母親(50)と高校2年生の娘(17)にこう提案してみせた。スマホで生地をアップで映し「着続けても伸びにくい素材です」と特長を説明していく。

 2点を購入した母子は「親子で一緒に着られるトップスが見つかった。オーナーとの距離を感じず、店で買い物しているみたい」と満足した様子だった。

 コロナ禍で3月下旬以降の客数が以前より8割ほど減ったという関さんだが「オンラインなら、いつでもお客さんとつながれる。遠方からの来店も見込めるのでコロナが収束しても続けたい」と話している。

(2020年08月22日 11時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ