山陽新聞デジタル|さんデジ

害虫トビイロウンカ 岡山県が警報 稲枯れ被害の拡大懸念

県全域に警報が発令されたトビイロウンカ
県全域に警報が発令されたトビイロウンカ
 岡山県は19日、稲に寄生する害虫「トビイロウンカ」の発生を抑え込めず、稲がまとまって枯れる「坪枯れ」被害の拡大が懸念されるとして、県全域に病害虫発生予察警報を発令した。県全域の警報発令は33年ぶり。

 17、18日に県病害虫防除所が県内90カ所の水田で行った調査で、発生率が60・0%と平年の5・4%を大きく上回ったため、7月に出した注意報を警報に切り替えた。1株当たりの発生数は、平年の約18・8倍に当たる3・0匹だった。

 トビイロウンカは体長4~5ミリで、梅雨期に中国大陸から飛来し、根元から養分を吸って稲を枯らす。10月まで繁殖しやすい高い気温が続くと予想されており、同防除所は「昨年よりも被害の広がりが早く、対策が急がれている。水田を早めに確認し、農薬の散布などを徹底してほしい」としている。

(2020年08月19日 21時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ