山陽新聞デジタル|さんデジ

戦争犠牲者を追悼し「平和の鐘」 岡山・長泉寺

世界平和を祈り、鐘を鳴らす参加者
世界平和を祈り、鐘を鳴らす参加者
 岡山ユネスコ協会は15日、岡山市北区南方の長泉寺で、世界平和を祈り、戦争犠牲者を追悼するため「平和の鐘」を鳴らした。

 市民や協会員ら約60人が「すべての人の生命を大切にします」「どんな暴力も許しません」などとしたユネスコの「わたしの平和宣言」を唱和した。正午からは1人ずつ順番に境内の鐘を突き、不戦を誓った。

 小学3年生の時に大阪から親戚のいる玉野市へ疎開した女性(84)=岡山市中区=は「今の若い人たちに戦争のつらさ、悲惨さを経験してほしくない。平和な世の中が続くように願うばかり」と話した。

 平和の鐘は、国連が2000年を「平和の文化国際年」に定めたのを機に、同年から毎年実施している。

(2020年08月15日 20時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ