山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ禍 Uターンラッシュなく お盆休み終盤の岡山駅

閑散としたJR岡山駅の新幹線上りホーム=15日午前9時14分
閑散としたJR岡山駅の新幹線上りホーム=15日午前9時14分
 お盆休み終盤を迎えた15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で帰省や旅行を控える動きが広がり、JR岡山駅の新幹線ホームは人がまばらで、例年のようなUターンラッシュは見られなかった。

 岡山駅の新幹線上りホームの自由席乗降口では並ぶ人は少なく、列車内も空席が目立った。鳥取県の実家から東京へ戻る男性会社員(32)は「迷った末の帰省となり、外出は控えざるを得なかったが、久しぶりに実家でゆっくり過ごせた」と話していた。

 JR西日本岡山支社によると、この日岡山駅に到着する上り新幹線の自由席乗車率は、130~80%だった昨年の同時期(17日)に対し、指定席の予約が最も多かった午後2時台の列車で40%台にとどまった。Uターンのピークは16日と予想しているが、例年に比べて利用者は大幅に少なくなる見込みという。

 岡山県内の高速道路や岡山桃太郎空港(岡山市)も、激しい混雑はなかった。

(2020年08月15日 19時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ