山陽新聞デジタル|さんデジ

終戦から75年、戦没者追悼式 コロナ禍、20府県に遺族が欠席

 全国戦没者追悼式で黙とうされる天皇、皇后両陛下=15日正午、東京・日本武道館
 全国戦没者追悼式で黙とうされる天皇、皇后両陛下=15日正午、東京・日本武道館
 全国戦没者追悼式で黙とうする参列者=15日正午、東京・日本武道館
 全国戦没者追悼式で黙とうする参列者=15日正午、東京・日本武道館
 終戦の日を前に、千鳥ケ淵戦没者墓苑で手を合わせるマスク姿の夫婦=14日午後、東京都千代田区
 終戦の日を前に、千鳥ケ淵戦没者墓苑で手を合わせるマスク姿の夫婦=14日午後、東京都千代田区
 終戦から75年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で行われた。新型コロナウイルス感染症の影響で規模が大幅に縮小され、20府県の遺族が欠席となったが、参列者は戦没者を悼み、不戦の誓いを新たにした。天皇陛下は昨年に続き、お言葉に「深い反省」との文言を盛り込まれた。

 安倍晋三首相は式辞でアジア諸国への加害責任に触れず「積極的平和主義の旗の下、世界の課題解決にこれまで以上に役割を果たす」と述べた。首相が意欲を示す敵基地攻撃能力保有が議論されており、遠のく惨禍の記憶の継承が問われている。

(2020年08月15日 13時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ