山陽新聞デジタル|さんデジ

“裏から見られる滝”ひんやり 鏡野の岩井滝で涼を楽しむ

岩井滝の裏側に回って眺めを楽しむ観光客ら=13日
岩井滝の裏側に回って眺めを楽しむ観光客ら=13日
“水のカーテン”越しに涼が楽しめる岩井滝
“水のカーテン”越しに涼が楽しめる岩井滝
 流れ落ちる水を裏側から間近に眺められる「裏見の滝」として知られる岡山県鏡野町上斎原の岩井滝で、観光客らがひとときの涼を楽しんでいる。

 鳥取県境の標高約850メートルの山中にある滝は、落差約10メートル、幅約8メートル。せり出した岩から水が注ぎ、一帯はひんやりとした空気に包まれている。家族連れらは滝の裏に回り、“水のカーテン”越しに写真を撮ったり、手を伸ばしてしぶきに触れたりするなど、新型コロナウイルス禍にあって、日常とは違う世界を満喫している。

 夫婦で訪れた岡山市北区の女性(71)は「夏になったら涼みに来たくなる滝。裏側から見た景色がとてもきれいで、いい写真も撮れました」と話した。

 新型コロナの影響で、例年7月10日に開かれている恒例の滝まつりは中止となっている。

(2020年08月13日 21時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ