山陽新聞デジタル|さんデジ

沖縄、緊急事態宣言を2週間延長 外出自粛要請、警戒レベル最上位

 記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=13日午後、沖縄県庁
 記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=13日午後、沖縄県庁
 沖縄県の玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言の期限を当初の15日から29日まで2週間延長すると発表した。県が定める4段階の警戒レベルを最上位の「感染まん延期」に引き上げると明らかにし、不要不急の外出自粛を徹底するよう要請した。

 玉城氏は13日の記者会見で「感染拡大は、引き続き大変厳しい状況にある」と指摘した上で「対策を徹底し、8月半ばをピークに流行を抑える」と強調した。

 県は、期間を8月1~15日とする県独自の緊急事態宣言を7月31日に発表していた。

(2020年08月13日 22時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ