山陽新聞デジタル|さんデジ

東京で新たにコロナ感染206人 最高の警戒度を維持

 東京都庁舎
 東京都庁舎
 東京都は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに206人報告されたと明らかにした。直近7日間で1日当たりの平均は290・7人となり、300人を下回ったのは7月31日以来となったが、3連休やお盆休みの医療体制が影響している可能性がある。

 都が13日に専門家を交えて開催したモニタリング会議では、感染状況に関する警戒度を4段階の指標で最も高い「感染が拡大している」、医療体制は2番目に深刻な「強化が必要」をいずれも維持した。

 都によると、新規感染者206人の年代別の内訳では、20代の69人と30代の38人で約52%。従来よりも若年層の占める割合がやや減少した。

(2020年08月13日 17時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ