山陽新聞デジタル|さんデジ

バイデン氏、ハリス氏と始動 米民主、「初の女性副大統領を」

 12日、米デラウェア州でバイデン前副大統領(右)の演説を聴くハリス上院議員(AP=共同)
 12日、米デラウェア州でバイデン前副大統領(右)の演説を聴くハリス上院議員(AP=共同)
 【ワシントン共同】11月の米大統領選の民主党大統領候補となるバイデン前副大統領(77)は12日、副大統領候補に選んだハリス上院議員(55)と初めて共に選挙運動に臨み「ハリス氏が米国初の女性副大統領となるのを目の当たりにするだろう」と述べ、政権奪還への決意を表明した。ハリス氏は「ランニングメート(伴走者)」として選挙戦デビューを果たした。

 両氏は東部デラウェア州の高校体育館で、そろって登壇。ハリス氏は演説で、共和党のトランプ大統領(74)が新型コロナウイルス対応で指導力を欠いて失敗を招き、大きな被害をもたらしたと批判し、バイデン氏支持を呼び掛けた。

(2020年08月13日 10時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ