山陽新聞デジタル|さんデジ

トライフープ監督に比留木氏就任 新シーズンは2021年1月開幕

比留木謙司監督
比留木謙司監督
 バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)のトライフープ岡山は12日までに、比留木謙司監督(35)ら2020~21年シーズンのチームスタッフを発表した。比留木氏は昨季途中に選手からアソシエイトヘッドコーチに転じて実質的にチームを率いており、新シーズンは監督の立場で2季目の指揮を執る。

 参入1年目の昨シーズンは5位。比留木氏は「昨季掲げた目標の優勝、昇格を達成できなかった悔しさは収まることなく胸の内にある。選手、ファンの情熱やエネルギーを勝利、優勝へと向かうレールに乗せられるよう戦っていく」とコメントした。

 アシスタントコーチに留任する大森勇氏(31)=瀬戸内市出身=は昨季、選手兼任で務めていたが、今季は現役を退き指導に専念する。「B3優勝に尽力し、地元岡山のバスケットボール発展のためにも活動していく」との談話を出した。

 新シーズンは来年1月8日に開幕し、トライフープは同16日、津山市の津山総合体育館に岐阜を迎えるホームゲームが初戦となる。来年6月まで11チームが4回戦総当たりで争い、各チーム40試合を戦う。

(2020年08月12日 23時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ