山陽新聞デジタル|さんデジ

修学旅行で北方領土眺めて 誘致へ教員向けツアー開催

 北海道東部への修学旅行誘致のため、実施されたツアーで説明を受ける教員ら=12日午後、北海道根室市
 北海道東部への修学旅行誘致のため、実施されたツアーで説明を受ける教員ら=12日午後、北海道根室市
 内閣府北方対策本部は北方領土に近接する北海道東部への修学旅行誘致のため教員を対象としたツアーを実施し、小中高の教員ら8人が12日、対岸の北方領土が見える根室市の納沙布岬や領土問題の資料を展示した「北方館」を訪れた。

 北方館から望遠鏡で北方領土を眺めた長崎県立平戸高校の郷野俊介校長(60)は「生徒たちをはじめとした若い世代には、北方領土を実際に見たり元島民の話を聞いたりして問題意識を持って後世に語り継いでほしい」と話した。

 教員らを前に講演した北方領土の元島民得能宏さん(86)は「修学旅行で来てもらって、島民の思いをしっかりと感じてほしい」と語った。

(2020年08月12日 19時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ