山陽新聞デジタル|さんデジ

両備、タクシーで買い物支援 コロナで外出控える高齢者ら向け

ビデオ通話で購入品を確認する研修会の参加者(右)
ビデオ通話で購入品を確認する研修会の参加者(右)
 両備グループ(岡山市北区錦町)は、新型コロナウイルスの影響で外出を控える高齢者らの買い物を支援するサービス「おつかいタクシー」を26日から始める。タクシー運転手がスーパーなどに出向き、必要な物を買って自宅まで届ける。

 対象エリアは建部、瀬戸町地区を除く岡山市内全域で、受付時間は午前10時~午後8時。商品代とは別に利用料(30分千円~)が必要。運転手が依頼主の自宅に行って購入品のリストを受け取り、買い物中に確認が必要な場合は、タブレット端末などを使ってビデオ通話でやり取りする。

 12日は運転手6人が参加して同市内で研修会があり、サービスの流れや端末の操作を確認した。岡山交通豊成営業所の男性(28)は「お得な商品があったら提案するなど、お客さま目線で買い物するように心掛けたい」と話していた。

(2020年08月12日 20時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ