山陽新聞デジタル|さんデジ

昔ながらのゲームや展示楽しむ 津山まなびの鉄道館でミニ縁日

ピンボールと輪投げを楽しむ子どもたち
ピンボールと輪投げを楽しむ子どもたち
 JR津山駅構内の「津山まなびの鉄道館」(津山市大谷)で、昔ながらのゲームや展示を楽しめる「あの日あの時~鉄道館ミニ縁日~」が開かれている。16日まで。

 射的や輪投げ、ピンボールがあり、昭和の洗濯機や白黒テレビ、当時張り出されていた相撲や歌舞伎のポスターなどを展示。家族連れらが、レトロな雰囲気を満喫している。かき氷も販売している。

 家族4人で訪れた岡山県勝央町立小1年の女子児童(6)は「輪投げやピンボールは上手にできた。洗濯機とかテレビは古くて初めて見る形だった」と話した。

 開館は午前9時~午後4時で、縁日は午前10時~午後3時。入館料は大人310円、小中学生100円(津山市民や市内在住者は無料)。問い合わせは同館(0868ー35ー3343)。

(2020年08月13日 12時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ