山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、広島県で7人感染 県立学校生など、県内410人に

広島県庁と広島市役所
広島県庁と広島市役所
 広島県、広島市は10日、新たに計7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。広島県内の感染確認は410人(再陽性を除く)となった。

 県の発表は府中市の70代と庄原市の10代。10代の患者は、8日に感染が公表された50代教職員が勤務する県東部の県立学校の生徒。接触者としてPCR検査したほかの生徒78人は全員陰性だった。教職員ら30人の検査を進めている。

 広島市は20~80代の5人。うち4人はこれまで感染が判明した人の接触者か濃厚接触者で、残る1人は感染経路を調査中。いずれも軽症か無症状という。

(2020年08月10日 20時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ