山陽新聞デジタル|さんデジ

長崎原爆投下、きょうで75年 核廃絶願い、市民らがともしび

 被爆から75年の原爆の日を前に、平和への願いを込め並べられたキャンドルを見つめる親子=8日夕、長崎市の平和公園
 被爆から75年の原爆の日を前に、平和への願いを込め並べられたキャンドルを見つめる親子=8日夕、長崎市の平和公園
 被爆から75年の原爆の日を前に長崎市の平和公園でともされた手作りのキャンドル。平和への願いを込めて風船が空に放たれた=8日夕
 被爆から75年の原爆の日を前に長崎市の平和公園でともされた手作りのキャンドル。平和への願いを込めて風船が空に放たれた=8日夕
 長崎は9日、米国による原爆投下から75年を迎えた。長崎市松山町の平和公園で平和祈念式典が営まれ、投下時刻の午前11時2分に黙とう。式典はコロナの影響で規模を縮小し、田上富久市長が平和宣言で、核軍縮に逆行する国際情勢に危機感を表明する。会場では8日夜、市民らが核兵器廃絶を願い、手作りのキャンドルを点灯。女性被爆者は若者らに「二度と同じ思いをさせたくない」と訴えた。

 原水爆禁止長崎県民会議は市民会館で集会を開き、核兵器廃絶を求める署名を国連に届ける高校生平和大使が「私たちは被爆者の生の声が聞ける最後の世代。思いを伝えていかなくてはならない」と決意を述べた。

(2020年08月09日 00時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ