山陽新聞デジタル|さんデジ

沖縄の感染拡大に危機感 厚労省専門家組織

 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織の会合の冒頭、あいさつする加藤厚労相(右から2人目)=6日午後、東京・霞が関
 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織の会合の冒頭、あいさつする加藤厚労相(右から2人目)=6日午後、東京・霞が関
 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織は6日、会合を開き、東京や大阪、愛知、福岡、沖縄で新たな感染者が大きく増えているとの分析結果をまとめた。特に沖縄での増え方に危機感を示した。愛知では感染者の増加に検査が追い付いていない可能性を指摘した。保健所や医療機関の対応に悪影響が生じ一部の地域では医療提供体制の逼迫の懸念がみられるとした。

 一方、若い人の感染者が多く入院する人や重症化する人の割合は低いと評価。国内で確認されたウイルスのゲノムを分析した結果、3月以降に欧州から入ったウイルスの一部が変異した別の系統が6月中旬から広がっていると判明。

(2020年08月07日 00時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ