山陽新聞デジタル|さんデジ

「核廃絶、市民の力で」 オンライン原水禁広島大会

 オンラインで開かれた原水協系の原水爆禁止世界大会でスピーチする国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長=6日
 オンラインで開かれた原水協系の原水爆禁止世界大会でスピーチする国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長=6日
 広島への原爆投下日に合わせ、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)系と原水爆禁止日本協議会(原水協)系の二つの原水爆禁止世界大会が6日、オンラインで開催された。コロナ感染拡大で、現地開催を断念。主催者らは「核廃絶の道は険しいが、市民の力で前進を」と決意を新たにした。

 原水協系の大会はインターネットのビデオ会議システムを利用して実施。ゲストスピーカーの国連軍縮担当上級代表の中満泉事務次長は「国際社会の核廃絶の動きが後退していることに大変憂慮している」とし「市民社会が果たす役割に目を向けるべきだ」と述べた。

 原水禁は動画投稿サイトで事前に収録した映像を配信した。

(2020年08月06日 18時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ