山陽新聞デジタル|さんデジ

感染は倉敷成人病センター職員 新型コロナ、倉敷郵便局社員も

 倉敷成人病センター(倉敷市白楽町)は5日、新型コロナウイルス感染が確認された倉敷市の20代女性医療従事者について、同センターの職員と発表した。

 市や同センターによると、女性は不特定多数の人と接触する業務ではないという。同センターは濃厚接触者として患者と同僚各2人のPCR検査を実施するとともに、女性が勤務するエリアを消毒。10日まで担当部署の業務を制限する。外来患者や救急搬送の受け入れは通常通り行う。

 また、同市で感染が分かった3人のうちの1人の40代男性について日本郵政(東京)は5日、倉敷郵便局(同市鶴形)に勤務する社員と明らかにした。同社によると、男性は窓口担当で、同局は同日夕から窓口業務を中止。男性が働くフロアや窓口ロビー、ATMコーナーを消毒した。窓口業務は当分の間、停止する。

【新型コロナウイルス 岡山の最新ニュースはこちら】

(2020年08月05日 23時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ