山陽新聞デジタル|さんデジ

ロシア閣僚が北方領土入り 非常事態相が国後島訪問

 5日、北方領土の国後島で救助センターの開所式に出席するロシアのジニチェフ非常事態相(左)(非常事態省提供・共同)
 5日、北方領土の国後島で救助センターの開所式に出席するロシアのジニチェフ非常事態相(左)(非常事態省提供・共同)
 【モスクワ共同】ロシアのジニチェフ非常事態相は5日、北方領土の国後島入りし、救助センターの開所式に出席した。非常事態省が発表した。日本政府関係者によると、ロシア政府幹部の北方領土訪問は昨年8月に当時のメドベージェフ首相が択捉島を訪問して以来。

 日本外務省は「わが国の立場と相いれず、事実関係を確認後に適切に対処する」としている。

 非常事態省によると、同センターには最新の気象予測システムが設置され、自然災害からの保護強化につながる。同様のセンターは近く択捉島でも稼働予定という。

(2020年08月05日 19時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ