山陽新聞デジタル|さんデジ

「夜の店」会食の阿炎が引退届 相撲協会受理せず、処分協議

 阿炎
 阿炎
 新型コロナウイルス禍の中、外出しての会食が発覚して大相撲7月場所を途中休場した東前頭5枚目の阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=が日本相撲協会に引退届を提出したことが5日、分かった。関係者によると、受理はされておらず、6日の理事会で処分が協議される。

 協会によると、元小結の阿炎は違う部屋の幕下以下の力士らと場所前と場所中の2度、会食。いずれも「夜の店」とされる接待を伴う飲食店だった。相撲協会は新型コロナ感染防止対策のガイドラインに不要不急の外出を控えるよう記している。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の判断で7日目から休場した。

(2020年08月05日 12時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ