山陽新聞デジタル|さんデジ

熊本・球磨村の小中3校が再開 豪雨被災「友達いるから大丈夫」

 1カ月ぶりに再開した球磨中に登校し、抱き合って再会を喜ぶ生徒=3日午前、熊本県球磨村
 1カ月ぶりに再開した球磨中に登校し、抱き合って再会を喜ぶ生徒=3日午前、熊本県球磨村
 1カ月ぶりに再開した一勝地小の掲示板に張られた「がんばろうくま村っ子」の文字=3日午前、熊本県球磨村
 1カ月ぶりに再開した一勝地小の掲示板に張られた「がんばろうくま村っ子」の文字=3日午前、熊本県球磨村
 九州を襲った豪雨で甚大な被害を受けた熊本県球磨村で3日、村立の小中3校が1カ月ぶりに再開した。校舎の掲示板には「がんばろうくま村っ子」などと文字が張られ、児童と生徒を出迎えた。

 生徒たちは午前8時20分ごろからスクールバスや車で登校。校門前で教員が「元気やったね」と肩をたたくと、はにかんだ笑顔を見せた。

 再開したのは渡小、一勝地小、球磨中の3校。児童と生徒計232人のうち約170人が避難所などでの生活を余儀なくされている。

 避難所から登校した渡小6年の舟戸ひよりさん(12)は「ランドセルや教材が使えなくなった。友達がいるから大丈夫」と前を向いた。

(2020年08月03日 10時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ