山陽新聞デジタル|さんデジ

蚊帳の中で読書楽しもう 高梁市図書館、初の試み

高梁市図書館にお目見えした蚊帳を張った読書スペース
高梁市図書館にお目見えした蚊帳を張った読書スペース
 高梁市図書館(旭町)に、蚊帳を張った読書スペースがお目見えした。昔の生活の知恵に触れ、夏の空気や音を感じながら本の世界に浸ってもらう初めての試みで、31日まで設置している。

 図書館スタッフ所有の蚊帳(高さ1・8メートル、幅1・5メートル、奥行き3メートル)を屋外に面した4階テラスの一角に設営。テラス入り口には、蚊帳の機能にちなみ、昆虫の生態や自然との共生などをテーマにした児童書約40冊の紹介コーナーを設けた。

 午前9時~午後5時で、強風時は休止。新型コロナウイルス感染防止のため、入場は一度に2人まで。市図書館は「開放的な空間で読書を楽しんでもらいたい。自然にまつわる本を通じて夏休みの自由研究のヒントにもつながれば」と利用を呼び掛けている。

(2020年08月02日 07時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ