山陽新聞デジタル|さんデジ

中国地方が梅雨明け 平年より9日遅く

青空の下、水しぶきを上げてプールで遊ぶ子どもたち=30日午後1時3分、玉野市滝のおもちゃ王国
青空の下、水しぶきを上げてプールで遊ぶ子どもたち=30日午後1時3分、玉野市滝のおもちゃ王国
雲間からのぞく青空の下、日傘を差す通行人=30日午前10時37分、JR岡山駅前広場
雲間からのぞく青空の下、日傘を差す通行人=30日午前10時37分、JR岡山駅前広場
 広島地方気象台は30日、岡山県など中国地方(山口県を除く)が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より9日、昨年より5日遅い。

 平年より3日遅い6月10日に梅雨入りを発表しており、梅雨の期間は50日。この間の降水量(速報値)は新見市千屋736・5ミリ、津山市637・0ミリ、岡山市453・0ミリ、倉敷市479・0ミリ―などおおむね平年の1・5~1・8倍となった。

 岡山県内はこの日、湿った空気の影響で雲が広がり、雨や雷雨に見舞われる地点もあったが、日中は晴れ間がのぞき各地で30度以上の真夏日に。玉野市のプールでは子どもたちが笑顔で遊んでいた。日中の最高気温は岡山市中心部34・4度、高梁市34・0度、玉野市33・5度など。

 岡山地方気象台は「向こう1週間は高気圧に覆われ晴れる日が多いだろう」と予報し、熱中症への注意を呼び掛けている。

 気象庁はこの日、四国地方と九州北部(山口県を含む)の梅雨明けも発表した。

(2020年07月30日 12時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ