山陽新聞デジタル|さんデジ

福山など新たに17人コロナ感染 広島県内298人に

広島市役所(左)と福山市役所
広島市役所(左)と福山市役所
 広島、福山、呉市は29日、新たに計17人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計298人(再陽性を除く)となった。

 福山市は3人。1人は25日に感染が判明した50代女性の同居家族。女性はクラスターが発生した飲食店「てっせん」(同市昭和町)の客で、同店関係の感染判明は9人となった。もう1人は市内在住の30代。残る1人も抗原検査で陽性が確認された。

 広島市は男女13人で、うち1人はクラスターが生じた市内の接待を伴う飲食店を利用した50代男性会社員。同店に関係する感染者は計20人となり、市は店名「Ams(アムズ)」を公表した。このほか市内感染者との接触者は5人。またマツダ(広島県府中町)はこの日公表された感染者の1人が従業員だと発表した。

 呉市は1人で40代。

(2020年07月29日 20時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ