山陽新聞デジタル|さんデジ

豪州産ラム肉 軟らかくておいしい 蒜山で夏恒例のフェア始まる

香ばしいラム肉を頬張る家族連れ
香ばしいラム肉を頬張る家族連れ
 真庭市蒜山上福田のレジャー施設・ヒルゼン高原センターで26日、夏恒例の「オーストラリア・フード・フェア」が始まった。8月末までラム肉の無料試食会と抽選会を行う。

 初日の試食会は、生後6カ月ほどのオーストラリア産ラム肉を炭火焼きにして提供した。香ばしい匂いに誘われた家族連れらが次々に訪れ、約700人分(約20キロ)が約1時間半でなくなった。

 家族6人で訪れた総社市、医師男性(47)は「臭みは全く感じず、軟らかくておいしかった。また蒜山に食べに来たい」と話した。

 試食会は8月2、9、16、23、30日の午前10時半からも開く。1日当たり約30キロを用意し、なくなり次第終了する。抽選会は毎日あり、センター内のレストランや土産物店の利用客を対象に、ラム肉やカンガルーの縫いぐるみなどが当たる。

 フェアは、ラム肉を使った蒜山名物ジンギスカンにちなみ、2002年から開いている。問い合わせはヒルゼン高原センター(0867―66―3600)。

(2020年07月26日 19時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ