山陽新聞デジタル|さんデジ

海の日 親子連れら海水浴楽しむ 笠岡諸島・白石島

笠岡市の白石島で海水浴を楽しむ子どもら
笠岡市の白石島で海水浴を楽しむ子どもら
 「海の日」の23日、笠岡市の笠岡諸島・白石島にある海水浴場では親子連れらが海水浴やマリンスポーツを楽しんだ。

 同島の海水浴場は5月下旬に海開き。この日、子どもたちがはしゃぐ声が響き、浮輪を着けて泳いだりビーチバレーをしたりしていた。シーカヤックや水上バイクに興じる人の姿も見られた。

 家族や友人と訪れた岡山市立の小学6年女子児童(12)は「新型コロナウイルスでなかなか外出できてなかったけど、今日は今年初めての海で気持ちが良かった」と笑顔だった。

 笠岡市内では他に、北木島の下浦海水浴場が開設されている。県内の主要海水浴場では、新型コロナの影響で渋川(玉野市)や牛窓(瀬戸内市)などが開設を中止している。

(2020年07月23日 23時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ