山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市の20代女性 コロナ感染 岡山県内44人目

新型コロナウイルスの感染者についての会見
新型コロナウイルスの感染者についての会見
 岡山市は23日、市内の20代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。北区の繁華街にある接待を伴う飲食店でアルバイトしているが、市はクラスター(感染者集団)発生店との関連はないとみている。岡山県内の感染判明は再陽性を除き44人、市内は32人。

 女性は19日に味覚や嗅覚の障害、倦怠(けんたい)感があり、21日に市内の医療機関を受診。22日にPCR検査で陽性となった。現在は軽症で、市内の病院に入院している。感染経路は不明という。

 発症前の17日に勤務しており、濃厚接触者は同居家族2人と同僚9人。市は他に、女性が接客した1組が濃厚接触者に当たるか調べている。店は22日から営業を自粛している。

 市はクラスター発生店について、客4人から連絡があり、計25人と連絡が取れたことも報告。うち16人の陰性が判明している。

 21日に感染を発表した接待を伴う飲食店アルバイトの20代男性の濃厚接触者3人と、念のため検査した同僚全員は陰性だった。19日に発表した40代の会社経営の男性に関しても濃厚接触者1人は陰性だった。

【新型コロナウイルス 岡山のニュースまとめ】

(2020年07月23日 22時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ