山陽新聞デジタル|さんデジ

東京五輪まで1年 夢舞台信じ前へ 岡山ゆかりのアスリート

ホクレン中長距離チャレンジ1万メートルで自己記録を更新した前田穂南選手。東京五輪に向け、その走りは進化している=8日、北海道深川市
ホクレン中長距離チャレンジ1万メートルで自己記録を更新した前田穂南選手。東京五輪に向け、その走りは進化している=8日、北海道深川市
 列島が五輪一色に染まるはずだった2020年夏、新型コロナウイルスの収束はいまだ見えないが、全国規模の大会が再開し、スポーツのある日常が戻りつつある。23日、史上初の延期となった東京五輪は開幕まで1年を迎えた。時計の針が再び動きだす中、岡山ゆかりのアスリートたちも「TOKYO」へ歩みを進めている。

 5カ月ぶりのレースで快走した。今月から主要大会が解禁されたメイン競技の陸上。その先陣を切って北海道で開催されたホクレン中長距離チャレンジに出場した女子マラソン代表の前田穂南選手(天満屋)は5000メートル、1万メートルの自己ベストを相次いで塗り替えた。

 目標の舞台が先送りされても「モチベーションが下がることはなかった」と明かした前田選手。恒例の米国合宿は取りやめ、じっくり腰を据えてスピード強化に取り組んできた。武冨豊監督は「順調に力を付けていることを確認できた」と手応えを語り、より高いレベルの走りを二人三脚で追求していく。

 5月の緊急事態宣言解除後、感染対策を講じながら正常化へ向かい始めた国内スポーツ。中断していた代表争いも再燃する。陸上男子400メートル障害の第一人者、安部孝駿選手(ヤマダ電機、光南高出)は10月に延期された日本選手権で初の五輪切符へ弾みをつける。バレーボールのVリーグは例年通りの秋開幕が決定。女子代表候補に名を連ねる岡山シーガルズの宮下遥、及川真夢両選手にとって重要なアピールの場だ。

 「東京でメダルを」―。先月、岡山市で行われた自転車BMX代表発表会見で、男子レースの長迫吉拓選手(日本写真判定、笠岡市出身)と女子フリースタイル・パークの大池水杜(みなと)選手(ビザビ)は決意を口にした。2大会連続出場となる長迫選手は3月中旬、拠点を置くスイスの練習施設の閉鎖に伴い帰国。古里の笠岡湾干拓地コースなどで調整に励む。

 海外での活動が制限される中、16年リオデジャネイロ五輪の馬術代表、原田喜市選手(蒜山ホースパーク)もドイツにいる愛馬を近く蒜山に呼び寄せる。「今やれるベストを尽くし、準備していくだけ」。コロナ禍が収まり、1年後の東京を聖火が照らすことを信じて。

(2020年07月23日 06時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ